薬丸裕英が「一家離散」報道を否定 ハワイでの二重生活を明かす


薬丸裕英

写真拡大


 タレントの薬丸裕英(52)が19日、フジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」に出演し、妻・石川秀美(51)との“別居報道”を否定した。

 一部で「国内外に一家離散状態」と報じられた薬丸はハワイを訪れたMC・坂上忍(50)にハワイの自宅を公開。“別居”と書かれたことに「報道されたまま放置すると、(間違った情報が)一人歩きしてしまう」と取材に応じることを決めたという。そして、5年前から「月曜から木曜まで国内で仕事をして、金曜から日曜はハワイで過ごす」という二重生活をしていると打ち明けた。

 ハワイ移住のきっかけは子供の留学だった。5人きょうだいの3人の息子も留学を経験しているが、長女を独りで外国に出すのが不安だったため、家族がサポートできるように移住を決意。「ハワイだったら自分も行けるだろう」と週末ハワイ通い生活をスタートした。

 坂上から「お金かかるでしょ」と聞かれた薬丸は「子供に投資して、不良債権になっても諦めがつく。変な株を買うよりいいでしょ。子供の将来につながればいいし、つながらなくても財産になる」と話した。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*