TOKIO山口達也の不祥事はKAT-TUN田中聖の解雇よりも“重大事”だった!


 今年2月、東京・港区の自宅マンションに呼び寄せた女子高生に無理やりキスをしたとして、強制わいせつの疑いで書類送検されたTOKIOの山口達也。事件の影響は大きく、各テレビ局では山口の出演番組を急きょ差し替える対応を行っている。

 そしてヤマト運輸とスズキではTOKIOを起用したテレビCMの放送を中止し、公式サイトからCM動画を削除。企業防衛としては当然の措置と言えるが、スズキのCMについて週刊誌の記者はこう指摘する。

「スズキ『ソリオ』のCMでは2015年8月からTOKIOを起用していますが、それ以前は5年間にわたってKAT-TUNが出演していました。ソリオは5人でも余裕で乗れる広い室内がウリで、赤西仁の脱退で5人組になっていたKAT-TUNはうってつけの存在だったのです。ところが13年9月末に田中聖が『たび重なるルール違反』を理由にジャニーズ事務所から専属契約を解除。普通ならCM出演中のメンバー解雇は、CM契約を解除されかねない重大な契約違反です。そのためジャニーズではKAT-TUNの残る4人を浜松のスズキ本社まで謝罪に行かせ、事態の収拾を図りました」

 その謝罪が功を奏したのか、KAT-TUNのCM出演は無事に継続。そして15年8月にソリオが現行の4代目にフルモデルチェンジしたタイミングで、出演者がTOKIOに交代したのである。新型ソリオではさらに室内が広くなっており、長瀬智也と松岡昌宏の2人が180センチ超のTOKIOは広々した室内をアピールするのに好都合だったことだろう。

「ジャニーズ事務所としてはKAT-TUN田中の解雇という重大事を切り抜け、CM出演者を自社の所属タレント同士で乗り換えてもらうという荒業にも成功していました。しかし今回は山口が書類送検される刑事事件に発展していますから、さすがにTOKIOの次もジャニーズタレントを起用してもらうわけにはいかないでしょう。ともあれ今回の一件は、たとえ事務所内でどれだけのルール違反があろうとも、刑事事件のほうが比べ物にならないほど社会的影響が大きいことをあらためて世間に対して知らしめた形です」(前出・週刊誌記者)

 今頃、ジャニーズ以外の5人組グループは、山口の一件を「チャンス」だと受け止めているのかもしれない。

(金田麻有)


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*