「すごい決断」有働由美子が振り返る松井秀喜氏のメジャー挑戦の裏側


 3月末でNHKを退局した有働由美子アナウンサー(49)が30日、NHK・BS1のドキュメンタリー番組「松井秀喜 メジャー挑戦を語る」(後8・00)にインタビュアーとして出演。ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(43)の“決断”の裏側に迫った。

 巨人の不動の4番打者だった松井氏は、02年オフにFA宣言してメジャーリーグ挑戦を表明。同年11月に行われた記者会見には有働アナも取材に訪れており、「大リーグ挑戦なのか、それとも向こうで骨を埋めるつもりなのか」と質問していた。

 16年前の会見を鮮明に覚えているという有働アナ。「(メジャーで)やりたいと自分の中で決めて、それをファンに伝えるのはどのような心境でしたか?」と改めて質問すると、松井氏は「一晩寝ずに、どう伝えるかを考えました。たくさんのファンの方の期待を背負っていくことだけを伝えようと思っていました」と回想。松井氏の言葉の重みに、有働アナは「すごい決断ですよね」とうなずいていた。

 有働アナは同局を3月31日付で退局。今後はジャーナリストとして活動していく意向明かしており、26日にはタレントのマツコ・デラックス(45)らが所属する芸能事務所「ナチュラルエイト」入りしたことを発表している。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*