高島礼子 高知東生被告に芸能界で働かないようクギ刺しも


高島礼子

写真拡大

 【芸能ニュース舞台裏】女優の高島礼子(52)が1日、夫で元俳優の高知東生被告(51)と離婚したことを発表した。

 「クスリと不倫で自分を裏切った夫を切る腹は、以前から事務所関係者には伝えていたそうです。注目されたのはタイミングですが、保釈後に直接話して、それで決着。高島にとっては、高知を引きずることは何の意味もないですからね」と芸能リポーター。

 そして、「当面の生活はちゃんとできるように、財産分与はしたそうです。それからもうひとつ、芸能界で働かないようにくぎを刺したそうです」

 どんな人間にも、再スタートのチャンスがあって当然。覚醒剤だろうが淫行だろうが、罪を償えば再び社会復帰できるが、「借金を背負うとか、政治活動に色気を示したとか、天狗になって周囲とけんかしたとか、といったレベルなら“しくじり先生”として処理できますが、クスリとエロ事件は厳しい。生涯つきまといますからね」(テレビ局編成局員)

 夏と五輪開催が重なって、4年の一度のネタ枯れ芸能界。しばらくはテレビの前で五輪観戦となりそうだ。 (業界ウォッチャーX)


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*