SAMP香取慎吾の「スマスマ」収録中の態度に「視聴者無視」


ジャニーズ

写真拡大

 SMAPの香取慎吾が、本格的に芸能活動にやる気をなくしてしまっているという情報が後を絶たない。

 メインで出演する『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)が低視聴率を理由に打ち切りになるのでは、という情報があるが、本当の理由は香取の「芸能活動へのやる気のなさ」が大きいそうだ。視聴率上昇のきっかけもなく、主役である香取の気持ちも乗らないとなれば打ち切りにする他ないということか。

 もともと香取は、9月に予定されているSMAPの「25周年ライブ」も「絶対にやりたくない」と拒否しているようで、一部メディアでは「香取の乱」と名付けられてもいる。SMAPとしての活動にテレビ出演とどちらにも気持ちが向かないとなれば確かに「芸能活動」そのものへの思いが消えてしまったと見られてもおかしくはない。

 SMAP解散騒動における、自身をもっともかわいがってくれた元マネジャーの退社、木村拓哉の裏切りに、ジャニーズ事務所の仕打ちなど……香取が希望をなくす出来事が多かったのは間違いないだろう。

 ただ、本当に今の“状態”のまま、そのような態度に出てもいいのだろうか。ライブに関してはメンバーの気持ちが揃わなければという考えがあるという言い分は理解できる。しかし、普段のテレビ出演でまでやる気のなさを見せるというのは……。

 久々の通常収録を行った『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)でも、」「ビストロSMAP」内での木村拓哉との距離が明らかに離れていたこと、暗い表情のまま収録しているところなど、言い方は悪いが「視聴者無視」の態度をとっているようにすら見えてしまった。

 SMAPを脱退したわけでもなく、ジャニーズ事務所を退社したわけでもない。香取の契約的な状況は騒動以前と何も変わっていない中で、演技をすることもなくあからさまに態度に出すことは「プロ」とは言えないのではないか。

 ショックは気持ちは計り知れないものではあるが、このままグダグダと現状を続けることには、それこそ意味がないだろう。特に香取には、そろそろどの道かを「選択」する時がきたということではないか。
(文=ねある子)


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*