森山直太朗がピアニストの平井真美子氏と結婚「カホコ」音楽も担当


森山直太朗

写真拡大


 シンガー・ソングライターの森山直太朗(42)が結婚したことが16日、分かった。

 相手は作曲家でピアニストの平井真美子さん(41)。関係者によると、大安のこの日、婚姻届を提出した。母に森山良子(70)、父に元歌手のジェームス滝(年齢非公表)、祖父に名ジャズトランペッターの故森山久さんを持つ音楽界のサラブレッドが、実力派のミュージシャンを伴侶に迎えた。

 平井さんは昨年、高畑充希(26)主演の日本テレビドラマ「過保護のカホコ」、石田ひかり(45)主演のフジテレビ系ドラマ「屋根裏の恋人」の音楽を担当。資生堂や日立などのCM音楽も手掛け、音楽界で「天才美人ピアニスト」として評判だ。

 森山の公演でサポートピアニストを務めた縁で知り合い、年が近く話も合うことから交際に発展した。昨年12月には絵画展を2人で訪れ、仲むつまじい姿を見せていた。

 06年に結婚した森山の姉で元歌手の森山奈歩さん(46)とお笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(46)の夫婦も交えた家族ぐるみの付き合い。知人は「良子さんは真美子さんを娘のようにかわいがっているので結婚に大喜びしています」と明かした。

 森山は今年も精力的に活動する意向で、現在はレコーディング中。17日にファンに結婚を報告する。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*