「24時間以上寝ずに…」不眠でボロボロの香取慎吾に心配の声も


2017年12月撮影

写真拡大


元SMAPの香取慎吾さんが2018年5月16日、インスタグラムで自身が行うアート制作に不眠で取り掛かっていたことを明かした。

写真で公開されている香取さんの姿に、コメント欄でファンから労いの声が相次いでいる。

「24時間以上寝ずに…」

香取さんは同日、「本日締切のアートを24時間以上寝ずに仕上げ.からの別の打合せ.で.こんな仕上りのボくでス、!。かれこれはたまた三十時間以上.のっとスイミング しかし皆様に観て頂けるアート制作だたので。皆様を思いアートしたのデ楽しかたデよ、、。よ、ゆ。、?。?!」(本文ママ)と投稿。

かけたサングラスがずれて、髪型は整えられておらず、眠そうにやや虚ろな視線で写真を撮る香取さん。

アート制作に24時間以上取り掛かり、疲れ切っているようだ、

香取さんのアートといえば、3月に香港で行われたアジア最大級のアートフェア「アート・バーゼル香港」に関連し、香取さんが香港の街の壁に絵を描くストリート・アートを描くなど、熱心に取り組んでいる。

そんな香取さんの姿に、コメント欄ではファンから

「無理はほどほどに」
「やべぇw大丈夫?」
「とにかく寝てー!ゆっくり寝てほしい」

とねぎらう声が寄せられている。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*