スタッフの遊び心?「家政夫のミタゾノ」で清水富美加をいじる場面


千眼美子こと清水富美加

写真拡大


 千眼美子になった清水富美加(23)が、幸福の科学系事務所に移籍したのは、昨年のちょうど今ごろだった。あれから1年、ついに出家後初映画も公開されて、「幸福」女優としての活動が本格的に始まった――。

 ***

 突然の出家により、出演予定だった番組をドタキャン、立つ鳥跡を濁すかたちで所属事務所を去って行った千眼。その“濁り”は今も残っていて、たとえばこの4月末から放送が始まったテレビ朝日系ドラマ「家政夫のミタゾノ」第2シーズンでは、昨期の主要キャラを演じた千眼が出られないため、事実上の代役として剛力彩芽(25)が起用された。

「清水は出家しちゃうし、剛力は“ZOZOTOWN”との熱愛が発覚するし、主演は山口事件で話題のTOKIOの松岡昌宏(41)……。なかなか“持っている”ドラマですよね」


千眼美子こと清水富美加

 というのは、さる芸能評論家。その最新話である11日放送回には、スタッフのこんな遊び心があったそうで、

「登場したのは、『洗顔』の神として知られる美容界のカリスマ、山脇『美子』。“せんがん”と“せんげん”をかぶせて“美子”ですから、これはもう千眼へのメッセージでしょう。それが励ましなのか皮肉なのかは別にして……。放送の翌日には出家後初となる映画が公開されましたから、もし狙って放送したのなら、スタッフさんはさすがです」

「宗教っていいな」

 千眼が主演を務める映画「さらば青春、されど青春。」は12日に公開され、それに合わせて露出も増。メディアのインタビューにたびたび応じ、ファンと触れ合うイベントも催された。また同作の主題歌「眠れぬ夜を超えて」で歌手デビューも果たすなど、当初囁かれた“出家で業界から干される”説を払拭しそうな勢いだ。

 となれば、その信仰心も薄れることはない。同作の「オフィシャル・メイキングブック」では、こんな言葉を残している。

〈幸福の科学の映画を(エキストラで参加した)信者のみなさんとつくれるっていうのは、記念にもなるし、場の空気もいいし、その日はすごく楽しかったですね。遠くから来てくださった方もいて、なんていうか、「宗教っていいな。信仰心で映画をつくれるってすごいな」って思いました〉

 もしやミタゾノスタッフは、“顔でも洗って、目を覚ませ”といいたかった?

週刊新潮WEB取材班

2018年5月17日 掲載


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*