ラーメン王選手権で優勝3回 メディアの寵児になった石神秀幸氏の今


TVチャンピオンの店」「TVチャンピオン監修」。今でも、“OB”たちは誇らしげにその称号を掲げる。数々の逸話を残した番組の復活を機に、名勝負を制した王者たちを追ったーー。

「この番組に出るまで、僕はただのフリーター。もともと漫画『美味しんぼ』の影響で食べ歩きが趣味でした。当時の彼女がたまたま『ラーメン王』に応募しただけで、たとえ『蕎麦王』でも『鰻王』でも優勝する自信はありました」

『ラーメン王選手権』(1995年)など優勝3回を果たした、石神秀幸さん(45)は「和歌山ラーメン」や「鶏白湯」などを流行させ、メディアの寵児になった。

「グルメライターとして仕事が増え、自分で編集プロダクションを立ち上げました。ラーメン店のプロデュースなどもしましたね」

 現在は、複数の飲食店の経営が本業だ。

「東京と大阪でスープ春雨専門店、薬膳火鍋の店、ワインバーなど5店舗の飲食店を経営しています。ラーメンは、今は月に3杯くらい。昔から寿司が好きで、よく食べますね」

(週刊FLASH 2018年5月1日号)


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*