麻央さんの死から約1年 公園でヨガに打ち込む小林麻耶の心境は


6月下旬、ヨガの施術を受ける麻耶

写真拡大


 小林麻央さん(享年34)が亡くなって約1年。姉である小林麻耶(38才)が、前向きに悲しみから立ち直り、前向きに進むべく“ヨガ”に打ち込む姿をキャッチした。

 2017年6月22日に亡くなった麻央さん。6月10日には麻央さんを偲ぶ「一年祭」が営まれ、市川海老蔵(40才)をはじめ、長女・麗禾ちゃん(6才)や長男・勸玄くん(5才)、そして麻耶など限られた関係者だけが顔を揃えた。

 さらに6月12日、麻耶は都内で開催された献血啓発イベント『LOVE in Action Meeting (LIVE)』に出席。約1年ぶりにファンの前で元気な姿を見せた。

 そんな麻耶は、一年祭の数日前の夕方、海老蔵の自宅からほど近い都内の大きな公園にいた。一緒にいたのは、数年来の友人というヨガ講師だ。

「1時間半ほど、ベンチでおしゃべりを交えながらゆっくりとヨガ。平日とはいえ周囲に人はいましたけど、あまり視線を気にする素振りもなく、施術を受けていました。この2人は、よく一緒にいるのを見かけます」(近隣の住人)

 リラックスしているのか、呆然としているのか、どこか虚ろで感情はあまり表れなかった。ヨガを終えると、麻耶の運転で近くの鉄板焼き店へ。食は進んでいるようだった。

「麻耶さん、やっぱり麻央さんの死からなかなか前を向けない。甥姪たちとも整理がつけられないまま、一周忌を前にまた不安定になってきていました。ブログの更新回数も春すぎからは今までの半分以下のペースで、収入源のはずだったブログランキングもかなり落ちています。書く気力もないのではないでしょうか。それでいていつも友人のヨガ講師と一緒。頼り切っているという感じに見えますから、海老蔵さんもそれは心配でしょう」(芸能関係者)

 麻耶は最近車の運転をはじめた。ペーパードライバーだったが克服。赤い車も購入し、初心者マークを付けて運転している。この日も麻耶の運転で移動していた。

「麻耶さんとしても少しでも行動範囲を広げようという気持ちがあるんじゃないでしょうか。小学生になる子供たちの送り迎えなど、車があったほうがより海老蔵一家の役に立てるという思いもあると思います」(前出・芸能関係者)

 麻央さんの闘病中、海老蔵たちと暮らしていたマンションを、すでに麻耶は離れている。今暮らしているのは、車で10分ほどの距離だ。歌舞伎座に顔を出すこともなく、今年4月、麗禾ちゃんの小学校の入学式にも足を運ばなかった。だが最近は、再び海老蔵の自宅を訪れる麻耶の姿が頻繁に目撃されている。

「落ち込む麻耶さんの様子を見て海老蔵さんも“誰に何を言われても気にしないで”“いつでも来て”と言葉をかけたり、なにか習い事や新たなことをやるよう促したりと気を使っているようですよ。麻耶さんもそんな海老蔵さんの気持ちを受けとっているんでしょう。何とか前に踏み出そうと必死にもがいているのだと思います」(前出・芸能関係者)

 悲しみに暮れたあの日から、間もなく1年を迎える。

※女性セブン2018年6月28日号


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*