生放送中にハプニング お天気キャスター・松雪彩花の機転に称賛


画像はweathernewsのYouTubeより

写真拡大 (全4枚)


生放送中に起きたハプニングをアドリブで回避したお天気キャスターに、機転が利いて可愛いと称賛の声があがっている。

ハプニングは、ウェザーニューズのインターネット気象情報番組「SOLiVE24」(4月16日から「ウェザーニュースLiVE」にリニューアル)の2月19日の放送中に発生した。この日のキャスターを務める松雪彩花さんが全国の天気を説明しようとするが、画面は真っ青。なかなか予定の画像が表示されない中、松雪キャスターは笑顔を絶やさず、「私だけ見えていないんですかねー」と考えているようなポーズをとったり、「ついにアイコンも透けてしまったのかと…」と話をつないだ。

さらに、ようやく出てきた全国の天気画像は、松雪キャスターよりも前面に表示された。これにも動じず松雪キャスターは、顔が北海道に被らないよう屈んで「それでは今日のお天気を見ていきましょう」と仕切り直したり、「今日は西日本を中心に曇りがついております」と画像の後ろから両手で西日本を指差したりとアドリブで対応。通常の画面に戻るまで、楽しく話し続けて切り抜けた。

この松雪キャスターの様子は、6月13日にTwitterで「アドリブ効かせて難なく回避しててめっちゃ可愛い」と拡散。笑顔を絶やさず機転を利かせる姿に、「不手際を隠したり誤魔化したりするんじゃなくて、それを逆手に楽しんでいるようにすら見えて素晴らしい」「頭いいってこういうこと!そして、頭よくてかわいいとか最強」「上手い トラブルでも全然動じてない、凄いなぁ」といった称賛の声が多数あがっている。

なお、松雪キャスターはかつて、同番組にゲスト出演したガチャピンが変色してしまうハプニングにも遭遇。この時も、「クロマキー合成」で青くなったり透けたりするガチャピンに慌てず進行する様子が話題になっていた。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*