布袋寅泰&今井美樹の長女がデビュー?年齢や身長はKoki,と同じ


最近テレビに出ずっぱりの今井

写真拡大


 東京・渋谷駅から徒歩10分ほどの高級マンション。エレベーターで高層階に上がり、100平方メートル超の部屋に入ると、窓一面に東京の夜景が広がる。このマンションは芸能人が多いことで有名だが、その中でも今井美樹(55才)はひと際目を引く存在だ。

「最近その後ろを長身のスレンダーなお嬢さんがついていく姿を見かけました。それがなんともオーラがあって…。最近の若いお嬢さんはすごいですね」(マンションの住人)

 テレビ8本、ラジオ7本、新聞・雑誌のインタビュー9本。ここ1か月の今井のメディア出演はめざましい。私生活の話もいとわず、『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演した際は、娘の将来についても話を広げ、ひょっこりはんのモノマネまで披露した。

「ここまでサービス精神旺盛とは思っていなかったので驚きました。出演ラッシュは新アルバムの宣伝のためですが、かつてない詰め込み具合ですよ」(テレビ局関係者)

 今井は6月6日、映画『終わった人』の主題歌『あなたはあなたのままでいい』を収録した新アルバム『Sky』を発売したばかり。

「1996年のヒット曲『PRIDE』以来の自信作というのもありますが、日本で根を下ろしてしっかり活動したいという気持ちもあるようです」(音楽関係者)

 今井は1999年に布袋寅泰(56才)と結婚後、2002年に娘を出産。2012年に一家でロンドンへ移住した。布袋もロンドンでのコンサートや日本でのツアーで2国を行き来する生活。家を空けることが多く、一家が揃うのは年に3か月ほどだ。

 そんな彼女が今、日本での活動に軸足を置いて精力的に仕事をする理由は何か。

「布袋さんは2016年に投資詐欺に遭ったことが発覚。約2億円が未回収ということもありますが、それで経済的に困ることはない。それよりも、今井さんのお母さんが今、地元の宮崎県を離れ、都内でひとり暮らしをしているんです。あまり具合がよくないそうで、80才を過ぎた高齢の母親となるべく一緒にいる時間をつくりたいという思いもあるのでしょう」(前出・音楽関係者)

 そして、娘・Aさん(15才)の存在も大きいという。『婦人公論』(6月26日号)で今井は《娘が一足先にロンドンに戻ったのですが、自分でもびっくりするくらい、「娘ロス」》と明かしたが──。

「Aさんの“デビュー計画”も日本に軸足を置く理由の1つだといわれています。最近、木村拓哉さん(45才)と工藤静香さん(48才)の次女・Koki,さん(15才)がモデルデビューして話題をさらいましたが、もし今井さんと布袋さんの娘さんもデビューしたら同じくらいのインパクトがあると思いますよ。すでに多くの声がかかっているとも聞きます」(芸能関係者)

 昨年7月、布袋がAさんをインスタグラムで公開。「世界一美しい少女」と書くと、写真は瞬く間に広まった。スラリとした長い足、大人びた横顔、8頭身近いスタイル。「15才と思えないオーラがある」と大きな注目を集めた。

「反響が大きすぎて、布袋さんはインスタでその写真を削除したほど。小さい頃は布袋さん似といわれましたが、今はパーツパーツで両方に似ている。音楽にも興味があるようですね」(前出・芸能関係者)

 今井も「娘の好きなことを伸ばしたい」と語っているだけに、超大物2世の誕生に期待は膨らむ。実はAさんとKoki,には共通点が多い。

「Aさんは英国在住で現地の学校に通っていて、Koki,さんもイングリッシュスクール通い。同じ15才で、身長も170cmとほぼ一緒。共に、両親の音楽の才能をしっかり受け継いでいるとか。今井さんがKoki,さんのデビューをどう見ているかわかりませんが、どちらかというとモデルより音楽の道に進んでほしいのではないでしょうか。彼女が日本の活動に力を入れる理由の1つに娘さんの将来のこともあるのかもしれません」(前出・芸能関係者)

 8月から全19公演の全国ツアーを始める今井。背中を押す娘が頼もしい。

※女性セブン2018年6月28日号


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*