月9「絶対零度」のブランド力に疑問の声 「全くの別物ドラマ」か


 初回10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)の2ケタ発進を切ったのは、沢村一樹(51)主演のフジテレビ系ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」(月曜21時〜)である。月9の初回としては昨年7月期の「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(16.3%)以来、4作ぶりの2ケタ超えとあって、スタートダッシュを褒めそやす声がかまびすしい。

 そんななか「違和感があった」と話すのは、コラムニストの桧山珠美氏だ。「絶対零度」を冠した過去2作品(10年、11年放送)は、上戸彩(32)が主演を張り新米女性刑事の成長を描いていた。デカ仲間も北大路欣也(75)や杉本哲太(52)、山口紗弥加(38)といった面々が出ていたが、今作で継続出演しているのは、関ジャニ∞の横山裕(37)ぐらい。それだってシーズン2の最終話にちょろっと出ていただけで、お馴染みの顔とは言い難い。要するに、冠は同じでも主演の沢村はじめ、多くの主要キャストが初登板という“全くの別物ドラマ”なのだ。

「果たして〈フジの刑事ドラマ=絶対零度〉というブランド力がどれだけあるのか。『相棒』(テレビ朝日系)のように定期的に継続して放送してきたのであれば別ですが、7年前から一度も放送していないドラマに対し、視聴者がどれだけ思い入れがあるのか。ご新規ドラマとして打ち出した方が潔かったと思います」(桧山氏=以下同)

 期待の持てるストーリーだっただけに、余計にそう感じるという。

■横山裕と本田翼の演技には難あり

「不自然死を遂げた遺体の解剖を専門とする研究機関を描いた『アンナチュラル』(18年、TBS系)がそうですが、架空の組織を描くドラマは、実在する外科医や捜査1課より自由な発想で物語を展開できるメリットがある。しかも、最新作の『絶対零度』はAIを駆使して犯罪を未然に防ぐ組織なので、視聴者も“近い将来の話”として興味を抱きやすい」

 懸念材料もある。演技が一向に上達しない横山と本田翼(26)だ。本田は股間キックを得意とするぶっきらぼうな武闘派デカの設定だが、「セリフ回しに難があるだけに、いっそのことひと言もしゃべらないキャラの方が光ったかも」。

 若手2人の演技力が向上すれば、ブランドの冠も生きるんじゃない?


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*