柴崎岳と結婚すると報じられた真野恵里菜 事務所がコメント発表


真野恵里菜

写真拡大


 サッカーW杯ロシア大会で活躍した日本代表MF柴崎岳(26=ヘタフェ)と今週中にも結婚することが12日付のスポニチ本紙で明らかになった女優の真野恵里菜(27)の所属事務所が12日、報道について「現状でご報告することはございません」との見解を明らかにした。柴崎と真野が双方の実家に結婚のあいさつを済ませたとされることなどについても「プライベートなことなので本人に任せております」と否定しなかった。

 2人の出会いは16年秋。共通の知人の紹介で出会い、真野がサッカー好きということもあって意気投合。自然な流れで交際に発展した。当時J1鹿島でプレーしていた柴崎は、直後の16年12月のクラブW杯でブレーク。昨年1月にスペイン2部・テネリフェへ移籍し、戦いの場を海外へ移した。昨季は1部のヘタフェでプレー。バルセロナ戦でスーパーボレー弾を決めるなど活躍し、見事にW杯メンバー入りを果たした。真野は陰ながら柴崎をアシスト。仕事の合間を縫って日本から約1万キロ離れたスペインに飛び、料理を振る舞うなどしてきた。

 12日付のスポニチ本紙は、5日にロシアから柴崎が帰国後、2人ですぐに真野の実家へあいさつに行き、10日には青森県内の柴崎の実家を訪問、両親にW杯の活躍をねぎらわれながら、今週中に結婚することを報告したと報じた。また、柴崎は13日に青森県野辺地町を表敬訪問する予定で、その前後に婚姻届を提出するとみられるとしている。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*