松坂桃李、ドッキリでの人柄の良さに絶賛の嵐 「全世界が泣く」


松坂桃李【写真:竹内みちまろ】

写真拡大


 松坂桃李が、12日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に出演。人間性を試すモニタリングで見せた人柄の良さに対し「好感度高すぎ」「全世界泣く」など絶賛の声が寄せられている。

 日曜劇場『この世界の片隅に』(同系)の番宣収録のためスタジオにやってきた松坂。だがディレクターが緊張しすぎて打ち合わせが進まない中でも、「コーヒー飲みます?大丈夫ですか?」とやさしく声をかける姿も。

 さらに、初対面の男性プロデューサーから「久しぶりだね、元気そうで良かったよ」と馴れ馴れしく言われても「ありがとうございます」と頭を下げ、「アレ覚えてくれてるよね?8年前かな」と聞かれても、「覚えてない」とは決して言わず、なんとか記憶を辿ろうとしていた。

 ADからいきなり恋愛相談を持ち掛けられ、「桃李くん」と言われても快くアドバイスしたり、ディレクターから「しゃもじ」を持たされ、ダジャレを言いながらコメントしてくれと無茶な要求をされても、「しゃもじでモジモジしとらんと、見てください」と答えるなど、最後まで紳士的な対応を貫いた。

 そんな人柄の良さにSNS上では、「松坂桃李紳士すぎ」「好感度高すぎ」「松坂桃李いい人すぎて全世界泣く」と感動すら覚える者も多かった。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*