天才テリー伊藤対談「重本ことり」(3)つきあいたいのに実際は…


天才テリー伊藤対談「重本ことり」(3)つきあいたいのに実際は…

写真拡大


テリー そういうことを言っているのは、私生活が潤っていないからだよ。さっさと男でも作っちゃえばいいんだよ。

重本 彼氏、できないんですよ‥‥いつも都合のいい女になってしまうんです。

テリー そりゃそうだ。仕事第一なんだから、彼氏に尽くす気ないでしょう。

重本 いいえ、尽くす気満々です。でも、好きになる人が、私のことを好きになってくれないので。

テリー 例えば、どういう男性と知り合うの?

重本 私、同業者が多いです。いわゆるアーティストみたいな。

テリー あ〜、歌ったり踊ったりしている人。そうすると、向こうもわがままなんじゃないの。

重本 そうです。基本、遊んでる人ばかりですね。

テリー でも、つきあうんでしょう?

重本 それが私、つきあえないんですよ。だから、セフレになってばかりなんです。

テリー セフレ!! ずいぶんとすてきな言葉だけれど(笑)、それは問題だね。彼氏がいたことはないの?

重本 本当におつきあいしたのは1人だけです。

テリー じゃあ、その他の男性は全部セフレ?

重本 セフレは何人もいましたね。同時進行で複数いた時期もありましたけど、今はいないです。

テリー へー、そんなことになったりするものなの。

重本 全然ありますよ。

テリー 今話してる、ことりさんの雰囲気とはずいぶん違う、予想外の話になってきたなァ(笑)。いや、驚いた。

重本 私、最近はこういうこともバラエティーで赤裸々に語っているんですけど、やっぱりそういう反応が多いんですよ(苦笑)。ファンの人たちからも「事務所から命令されて、キャラ作りのために無理やり言わされているんじゃないか」とか言われるんですが、これが素の私だということを知ってほしいんです。

テリー おもしろいね。さっきまでは気の強いリーダーだと思っていたけど、この短い間にことりさんの全然違う面が出てきているよ。

重本 そうなんです。私、セフレから上にいけない女でもあるんです。

テリー セフレとは言うけどさ、基本、相手とつきあいたいからエッチするんでしょう?

重本 はい、もちろん。でも、絶対そうはならないんですよ。

テリー なんでそう言い切れちゃうの。

重本 例えば、相手と一緒にお仕事して、だんだん親しくなって、まず「御飯に行こう」みたいな流れになるとしますよね。たいていの場合、「俺の家で食べよう」ってことになるんですよ。家に行くっていうことは、つまりそういうことなんだなって思いますよね?

テリー えっ、いきなり相手の自宅? そんなの、心配だったら「レストランに行きたい」って素直に言えばいいじゃない。

重本 言えないですよ。だって、嫌われちゃうかもしれないじゃないですか。

テリー そんなことで嫌われないよ。で、何か食べたらエッチするんだろう? そしたらどうするの。

重本 いたしたら、そのまま帰ります。

テリー え、彼の自宅でしょう。普通、泊まるんじゃないの?

重本 うーん‥‥その人のことが好きすぎて、家にいる時間が長すぎることで嫌われちゃったら、とか考えちゃうんです。だから、絶対に泊まらないし、忘れ物もしないように注意しています。本当はもっと一緒にいたいんですけれど‥‥。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*