20年間殺害予告を受けている 安住紳一郎アナが番組で明かす


TBSの安住紳一郎アナウンサー

写真拡大


 TBSの安住紳一郎アナウンサー(44)が22日、TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」(日曜前10・00)に生出演。20年間、殺害予告を受けているという衝撃の事実を明かした。

 番組冒頭、日本列島の連日の暑さを話題にした安住アナ。その中で「『あなた方は涼しいスタジオでお話されているんですよね』という声も届くんですよね」というリスナーの声について触れ、続けて、放送局に来るクレームについて語り始めた。

 「私はむしろそのクレームの傾向を集計して、どういう心の動きになるかを20年ぐらい調査し続けてる」とし、春先と、夏場にクレーム数が増えるという“調査結果”を報告。続けて「結構、すごいのもあります。殺害予告とか普通に来るんですよ。最近、殺害予告とかは警察に届けると、結構な問題になりますけど、私、20年間ずっと、殺害予告をいただいてますからね」と打ち明けた。

 その後も「皆さんが私の仕事をどういうふうに考えているかは分かりませんけれども。結構嫌な思いもしてるんですよ。必ず来るんですよ。夏になると増えるんですから」。人気アナウンサーの衝撃の告白に、アシスタントを務めるフリーアナウンサーの中沢有美子(43)は「ええ?!そうなんですか」「へぇ」「ああ」と言葉も出ない様子。

 安住アナは「ちょっと、かける言葉がないですよね。最近、本当のことを言えばいいと思ってるんで言っちゃってるんで。あまりにこのシュールな事実に、皆さん声がなくなるということが多いんですけど」と、中沢アナの反応に理解を示しつつ、「私に寄せられるクレームの数々を、いつか本にでもして出版したいなと思ってるんですけど」と、嫌がらせに屈しないたくましさものぞかせていた。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*