結婚間近から櫻井翔と急転の破局、小川彩佳アナにいったい何が


 写真は5月半ば、東京・六本木のテレビ朝日近くで見かけられた小川彩佳アナ(33)の姿。眼鏡に、おしゃれなスカーフ。「デキる女」感をただよわせているが、なんだか目つきが険しい……。

 それもそのはず、「週刊文春」によると、この直前、恋人だった嵐の櫻井翔(36)と別れていたのだ。同誌はさらに、櫻井が新恋人である、ひと回り以上年下の女子大生と、週1ペースでデートを繰り返していることを伝えている。

「小川アナと櫻井がツーショットを撮られたのは、過去に『週刊ポスト』が報じた1回だけ。夜のけやき坂で、わずかな時間の逢瀬でした。厳重警戒カップルで有名でしたが、この春までは隠れ家的な店などでデートの噂があり、交際は順調とみられていました」(芸能関係者)

 結婚間近といわれていた2人が、急転の破局。いったい何があったのか。

「これまで、ジャニーズタレントと、現役の女子アナが結婚したことはありません。ちゅうちょする櫻井が小川アナに『五輪関連の仕事が終わる、2020年秋までは結婚できない』と伝えたという話もあり、煮え切らない櫻井に小川アナがしびれを切らしたのではないでしょうか」(同・芸能関係者)

 また、こんな見方もある。

「小川アナの好きなタイプは、『ブラックジャックのような真っすぐな目をした、クールな人』。いっぽう櫻井は『自分はくそ甘えん坊』と言って新恋人を口説いたと報じられています。性格の不一致があったのでしょう」(女子アナウォッチャー)

 傷心の小川アナだが、なんと9月いっぱいで『報道ステーション』を降板することが報じられた。後任は元テレビ朝日アナでフリーの徳永有美(42)だという。

「今年4月、財務次官のセクハラ報道について、局に批判的ともとれる態度を生放送中にとったこととの関連を疑ってしまいます。

 小川アナは入社12年目ながらバラエティ経験は皆無で、つぶしの効かないタイプ。10月からは『AbemaTV』の報道番組を担当するそうですが……」(同・女子アナウォッチャー)

 小川アナのストレス解消は食べること。1.5人前を1日4食も食べるという。破局と降板のダブルショックで、やけ食いの日々が続きそうだ。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*