徳永有美が報ステに復帰 現場は「どういう神経」とブーイングか


 テレビ朝日の看板報道番組「報道ステーション」のキャスター人事で、番組スタッフ関係者の間でハレーションが起こっている。

 10月からの新キャスターとして、元テレ朝で現在フリーの徳永有美アナ(42)を起用。自局の小川彩佳アナ(33)に代え、富川悠太アナ(41)とのコンビで月〜木曜を担当させるほか、月〜木曜のスポーツキャスターとして同局の竹内由恵アナが就任、金曜は竹内アナと同局小木逸平アナがメインキャスターに。さらにスポーツキャスターとして元競泳日本代表の寺川綾を起用するというものだ。

 騒動のもとになっているのは徳永アナの起用。内部ではこんな声が上がっているという。

「13年ぶりの古巣復帰というが、その13年前の2005年に徳永さんが番組を降板したときの不倫騒動は、視聴者の記憶にも鮮明ではないか。徳永アナはテレ朝社員の夫がいながら、ウッチャンナンチャン内村光良との『不倫』を報じられて大騒動に。それで『スーパーモーニング』『内村プロデュース』から降板し、キャスターを務める予定の『世界水泳』からも降ろされた。同期入社のディレクター(当時)だった夫とは離婚。その後内村と再婚し、子供を産んで表舞台から退いていた。もう禊は済んだと判断したということなのか……」

 徳永アナは以前、同番組では木曜と金曜日にスポーツコーナーを担当。テレ朝時代にはスポーツ体験企画をこなしていたし、スポーツライターとしての顔を持つなど、スポーツ畑であることで知られている。そうした事情も起用の背景にはあるらしい。ある放送関係者はこう言う。

「『報ステ』では、政権批判をほとんどしなくなったとして、視聴者から訝る意見が相次いでいます。LGBTといった性的マイノリティーに対して『生産性がない』との持論で批判されている自民党の杉田水脈議員の騒動や西日本豪雨の時に酒を飲んで宴会を開いていた“赤坂自民亭”すら、ほとんどスルー同然という体たらく。この背景に見え隠れしているのが、テレ朝のドンと呼ばれる早河洋会長です。会長は安倍首相と昵懇で、政権の意向を忖度し、批判色を弱めようとしているともっぱら。このほどチーフプロデューサーに就いた人物は会長の子飼いという指摘もあるほどです。そうして、権力の監視という報道の最大の役割を放棄して、カジノ法案強行採決の際には2年先の東京五輪を話題にしたり、スポーツの話題ばかり取り上げているのが今の『報ステ』なのです」

 早河会長はサッカー日本代表、世界水泳、フィギュアなどのスポーツ放映権を獲得し、視聴率アップに貢献してきたことを自負しているそうだから、徳永アナの起用は2020年の東京五輪に向けてスポーツ報道をさらに増やそうという意向の表れなのだろう。

 しかしながら、現場から聞こえる声はブーイングばかり。

「これじゃあ報道ではなく、スポーツニュース・ステーションだと現場ではスタッフが肩を落としているようです。だいたい、徳永の不倫で別れた元夫は今もテレ朝に在籍しています。毎日、局内を歩けば顔を合わせる可能性は高い。どういう神経なんでしょうね」(テレ朝関係者)

 昔のキズなんてへっちゃらというずぶとさこそが、今の若手アナウンサーにはない起用理由なのかもしれないけれど。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*