TOKIO松岡昌宏が絶賛 近藤真彦から依頼をされた矢沢永吉の「断り方」


矢沢永吉 近藤真彦から楽曲提供を頼まれたときにみせた「最高の断り方」

写真拡大

30日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)で、TOKIOの松岡昌宏が自分が聞いたという矢沢永吉の楽曲提供の「最高の断り方」について語った。

番組では松岡をゲストに迎えて、「TOKIO松岡と…80年代歌謡曲の裏側を学ぶ!!」という企画をVTRと共にクイズ形式で実施した。

その際、80年代には山下達郎や松任谷由実など著名なシンガーソングライターがアイドルへの楽曲提供に名を連ねている話となり、松岡が「マッチさん(近藤真彦)が矢沢さんのファンで。『矢沢さんの曲を作ってもらいたい』と『楽曲提供をしてもらいたい』と言った」と事務所の先輩である近藤が矢沢に曲のオファーをしたエピソードを語った。

松岡によるとオファーした後日に、近藤がレコーディングをしていたスタジオに「そちらに近藤さんはいらっしゃいますか? 矢沢と申します」と矢沢本人から電話が入ったとのこと。

その電話で矢沢は近藤に「僕、あなたのことよくテレビで拝見して、すごい素晴らしいし、本当にかっこいいと思う。あなたのこと好きです」と直接話をして絶賛したという。その上で「あなたに最高の曲を作りたい」と伝えたそうだが「ただごめんね、最高の曲ができたら僕が歌いたいよね」と楽曲提供は断ったそうだ。

この話を聞いたスタジオはどよめき、松岡は「でも、最高の断り方じゃない?」「いいよな〜、この断り方かっこいいな」と絶賛したのだった。

【関連記事】
矢沢永吉と哀川翔の伝説的な初対面エピソード 書評家・吉田豪氏が明かす
「つけまつける」誕生秘話 きゃりーの大御所への行為がヒント
さだまさし カズレーザーの歌詞分析に感嘆「本当にうれしい」


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*